かみ合わせ・噛み合わせ・咬み合わせ治療は「丸山咬合医療センター」まで

丸ノ内線:日比谷線:銀座線「銀座駅」浅草線「東銀座駅」/山手線「有楽町駅」

【 24時間ご予約留守電 】090-8759-5623

東京
〒104-0061東京都中央区銀座4丁目5-1-301 聖書館ビル
大阪
〒659-0092兵庫県芦屋市大原町11-24-201 ラポルテ北館2階

メールでのご予約

アクセスはこちら

google

文字サイズ

所長紹介

顎ずれ、かみ合わせを矯正治療して、全身の健康を取り戻すお手伝いをしたい。

顎のずれを治して、正しいかみ合わせにすると、多くの心身症状や悩みが改善されたり解消されたりします。これまで30年以上で1万人以上を治療した経験からも、かみ合わせが全身の健康に大きく関わってることを突き止めました。

顎のずれで、首の関節もずれ、頚椎、胸椎、肩関節と伝わり、首や肩の凝り、腰痛、頭痛などを引き起こします。頚椎がずれると、脳への血流が阻害され、また、脊椎の神経を圧迫し、手足の冷えや、便秘、さらには精神バランスの悪化までも引き起こすのです。

丸山咬合医療センター 大阪大学 名誉教授 丸山 剛郎

丸山剛郎の来歴

1940年
3月26日生

国内

1958年
大阪大学歯学部 入学
1964年
大阪大学歯学部 卒業
1964年
大阪大学大学院歯学研究科 入学
1968年
大阪大学大学院歯学研究科 修了(歯学博士)
1970年
大阪大学歯学部 講師
1975年
大阪大学歯学部 助教授
1986年
大阪大学歯学部 教授
2000年
大阪大学 名誉教授
2000年
東京歯科大学 客員教授
2001年
日本咬合臨床研究所(JIO:Japanese Institute of Occlusion) 創立

国際

1991年
南カリフォルニア大学歯学部 客員教授
1995年
サンマルチン大学歯学部 名誉教授 (ペルー共和国)
1996年
西安第四軍医大学歯学部 客員教授 (中華人民共和国)
1998年
ニューヨーク州立大学バファロー校歯学部 客員教授

上へ戻る ▲

丸山剛郎のメディア出演

テレビ、ラジオ等さまざまなメディアに出演しています。

  • ・TBSテレビ はなまるマーケット「あごのずれを治して全身健康に」
  • ・フジテレビ さんまのほんまでっか!?TV「大きめのハンバーガーをこぼさずに食べる方法」
  • ・フジテレビ さんまのほんまでっか!?TV「寿命のヒミツ」
  • ・東京テレビ レディス4「実は怖い! アゴのずれ」

上へ戻る ▲

丸山剛郎の役職

国内

  • 日本歯科審美学会 会長
  • 日本顎口腔機能学会 会長
  • 日本咬合学会 会長
  • 日本補綴歯科学会 副会長
  • 日本全身咬合学会 副会長

など歴任

国際

  • 国際歯科補綴学会 会長
  • 国際歯科審美学会 会長
  • アジア歯科審美学会 会長
  • アジア頭蓋顎機能異常学会 会長

など歴任

上へ戻る ▲

丸山剛郎 海外出張

昭和46年8・9月(46日間)アメリカ合衆国・ヨーロッパ
昭和51年9・10・11月(61日間)ヨーロッパ・アメリカ合衆国
昭和52年10月(17日間)アメリカ合衆国・カナダ
昭和53年10月14日
 ~昭和53年11月13日
アメリカ合衆国
・第2回国際歯科補綴学会
(講演及びテーブルクリニック)
・第119回アメリカ歯科学会
・南カリフォルニア大学
・ミシガン大学
昭和54年10月8日
 ~昭和54年10月28日
西ドイツ、フランス
・第1回クインテッセンスシンポジウム
・第67回FDI年次世界歯学大会
昭和55年8月16日
 ~昭和55年8月18日
大韓民国
・韓国歯科医師会学術講演会(特別講演)
昭和55年8月30日
 ~昭和55年9月14日
西ドイツ、デンマーク、スイス
・第68回FDI年次世界歯学大会(講演)
昭和56年2月9日
 ~昭和56年2月23日
アメリカ合衆国
・咬合の生物セミナー
・第116回ミッドウインターミーティング
・第25回アメリカ咬合学会
・第2回国際ニューポートシンポジウム
昭和57年10月16日
 ~昭和57年10月25日
カナダ
・第4回咬合研究シンポジウム(特別講演)
昭和57年3月24日
 ~昭和57年4月10日
南アフリカ共和国
・ウィットワータースランド大学(講演)
・プレトリア大学(講演)
・ケープウェスタン大学
昭和58年7月29日
 ~昭和58年8月9日
オーストラリア
・第61回国際歯科研究学会
・口腔・顔面の疼痛と神経・機能異常シンポジウム
昭和59年6月1日
 ~昭和59年6月23日
南アフリカ共和国、ドイツ、スイス、イギリス、オランダ
・第3回国際クインテッセンスシンポジウム
(特別講演)
・アムステルダム大学(講演)
・チューリッヒ大学(講演)
・エルランゲン大学(講演)
・ベーゼル大学(講演)
・ミュンヘン大学(講演)
・ウィットワータースランド大学(講演)
昭和59年12月5日
 ~昭和59年12月18日
アメリカ合衆国
・コネチカット大学
昭和60年3月26日
 ~昭和60年4月9日
ドイツ、スイス
・第4回国際クインテッセンスシンポジウム
(特別講演)
・ミュンヘン大学
・エルランゲン大学
・チューリッヒ大学
昭和60年9月13日
 ~昭和60年9月16日
大韓民国
・国際歯科学士会(特別講演)
昭和61年10月7日
 ~昭和61年10月21日
スイス、イタリア
・第5回国際クインテッセンスシンポジウム
(特別講演)
・チューリッヒ大学(講演)
・トリノ大学
昭和62年5月16日
 ~昭和62年5月23日
中国
・北京医科大学(講演)
昭和62年9月5日
 ~昭和62年9月21日
東ドイツ、スイス
・第11回ヨーロッパ補綴学会(特別講演)
・第2回国際補綴学会(特別講演)
昭和63年3月20日
 ~昭和63年3月23日
台湾
・台北医科大学歯学部(講演)
昭和63年6月6日
 ~昭和63年6月15日
ブラジル
・エスタデュアル パウリスタ大学(特別講演)
昭和63年9月21日
 ~昭和63年10月3日
アメリカ合衆国、フランス
・アメリカ歯科審美学会
・第7回国際セラミックスシンポジウム
(特別講演)
平成1年3月5日
 ~平成1年3月13日
オーストリア
・ヨーロッパ歯科審美学会(特別講演)
平成1年4月14日
 ~平成1年4月21日
中国
・西安第四軍医大学口腔医学院(講演)
平成1年4月24日
 ~平成1年4月30日
大韓民国
・アジア歯科審美学会(特別講演)
・アジア太平洋歯学大会
平成1年8月14日
 ~平成1年8月27日
ブラジル
・リオ連邦大学(講演)
・第43回デンタルジャーニー(特別講演)
・サンパウロ大学(講演)
平成1年9月5日
 ~平成1年9月15日
西ドイツ
・第8回国際セラミックスシンポジウム
(特別講演)
・第6回国際クインテッセンスシンポジウム
(特別講演)
平成1年8月17日
 ~平成1年8月29日
ブラジル
・サンパウロ大学(講演、セミナー)
平成2年9月3日
 ~平成2年9月11日
シンガポール
・アジアナソロジー学会(特別講演)
・アジア歯科審美学会
平成2年10月2日
 ~平成2年10月19日
スコットランド、タイ
・ヨーロッパ歯科審美学会(特別講演)
・チュランロンコン大学(講演)
平成2年12月4日
 ~平成2年12月7日
大韓民国
・大韓民国補綴学会大邸支部会(特別講演)
平成3年2月4日
 ~平成3年2月16日
カナダ、アメリカ合衆国
・トロント大学(講演)
・ニューヨーク州立大学(講演)
・第36回アメリカ咬合学会
平成3年4月16日
 ~平成3年4月28日
メキシコ、アメリカ合衆国
・第69回国際歯科研究会
・南カリフォルニア大学(講演)
平成3年6月1日
 ~平成3年6月12日
スイス、オーストリア
・ファシネーションセラミックセミナー
・チューリッヒ大学(講演)
平成3年9月26日
 ~平成3年10月10日
アメリカ合衆国
・歯科臨床コンピュータ学会(特別講演)
・テキサス大学
・南カリフォルニア大学(講演)
平成3年10月18日
 ~平成3年10月20日
台湾
・国際歯科研究学会(特別講演)
平成3年11月17日
 ~平成3年11月27日
トルコ共和国
・国際エキスポデンタル1991(特別講演)
平成3年12月9日
 ~平成3年12月14日
中国
・日中国際歯科材料学術交流会(特別講演)
平成4年2月9日
 ~平成4年2月25日
アメリカ合衆国
・第1回国際顎頭蓋学会シンポジウム
・第37回アメリカ咬合学会
・ニューヨーク州立大学
・南カリフォルニア大学(講演)
平成4年6月22日
 ~平成4年7月6日
スペイン連合王国、イギリス
・ヨーロッパ歯科審美学会(特別講演)
・第9回国際クインテッセンスシンポジウム
(特別講演)
・国際歯科研究学会
平成4年8月6日
 ~平成4年8月12日
シンガポール
・1992年シンガポール国際歯科学会
(特別講演)
平成4年9月17日
 ~平成4年9月25日
大韓民国、アメリカ合衆国
・第2回アジア歯科審美学会(特別講演)
・南カリフォルニア大学(講演)
平成4年11月4日
 ~平成4年11月10日
アメリカ合衆国
・顎口腔機能異常セミナー(特別講演)
平成4年11月16日
 ~平成4年11月23日
タイ
・咬合ならびに顎口腔機能異常セミナー
(特別講演)
平成5年5月14日
 ~平成5年5月21日
スイス
・チューリッヒ大学(講演)
・デュッセルドルフ大学
平成5年8月3日
 ~平成5年8月16日
アメリカ合衆国
・アメリカ歯科審美学会
・ニューヨーク州立大学
・テネシークラニオンシンポジウム(特別講演)
平成5年9月22日
 ~平成5年10月2日
スイス
・第5回国際歯科補綴学会(特別講演)
・チューリッヒ大学
平成5年11月7日
 ~平成5年11月10日
台湾
・第5回アジア頭蓋顎機能異常学会(特別講演)
平成6年2月13日
 ~平成6年2月24日
アメリカ合衆国
・第39回アメリカ咬合学会
・ニューヨーク州立大学
平成6年3月8日
 ~平成6年3月15日
アメリカ合衆国
・国際歯科研究学会
平成6年4月27日
 ~平成6年5月7日
イタリア
・国際歯科審美学会(特別講演)
・トリノ大学
平成6年7月31日
 ~平成6年8月9日
アメリカ合衆国
・アメリカ歯科審美学会(特別講演)
平成6年8月28日
 ~平成6年8月29日
香港
・アジア頭蓋顎機能異常学会(特別講演)
平成6年10月16日
 ~平成6年10月23日
中国
・第1回国際医学美学学術研究会(特別講演)
・西安第四軍医大学(講演)
平成7年2月13日
 ~平成7年2月28日
アメリカ合衆国
・第40回アメリカ咬合学会(特別講演)
・タフツ大学
・ニューヨーク州立大学
平成7年4月23日
 ~平成7年4月25日
台湾
・台湾大学(講演)
平成7年5月8日
 ~平成7年5月23日
ペルー、ブラジル
・咬合と審美セミナー(特別講演)
・国際歯科審美学会(特別講演)
平成7年6月28日
 ~平成7年7月4日
シンガポール、タイ
・国際歯科研究学会
・チュランロンコン大学(講演)
平成7年7月17日
 ~平成7年7月28日
アメリカ合衆国、カナダ
・国際歯科補綴学会(特別講演)
・トロント大学
平成7年8月7日
 ~平成7年8月11日
ブラジル
・サンパウロ大学(講演)
平成7年10月13日
 ~平成7年10月17日
大韓民国
・アジア頭蓋顎機能異常学会(特別講演)
・慶北大学(講演)
平成7年10月28日
 ~平成7年10月31日
台湾
・台湾歯科補綴学会(特別講演)
平成8年1月15日
 ~平成8年1月22日
インド
・国際歯科審美学会(特別講演)
平成8年2月20日
 ~平成8年2月27日
アメリカ合衆国
・第41回アメリカ咬合学会
・南カリフォルニア大学(講演)
平成8年3月9日
 ~平成8年3月26日
スイス、ペルー
・第10回ヨーロッパ歯科審美学会(特別講演)
・第6回国際歯科医学大会(特別講演)
・サンマルテン大学
平成8年5月19日
 ~平成8年5月27日
アメリカ合衆国、フランス
・ニューヨーク州立大学
・第2回国際口腔顔面疼痛・顎機能異常会議
平成9年2月(8日間)アメリカ合衆国
平成9年4月23日(10日)アメリカ合衆国
平成9年5月(4日間)タイ
平成9年6月(9日間)ドイツ・フランス
平成9年7月(2日間)韓国
平成9年8月(8日間)エジプト
平成9年9・10月(7日間)トルコ
平成9年10月(5日間)中国
平成9年10月(10日間)マルタ・イタリア
平成9年11月(5日間)アメリカ合衆国
平成10年2月(7日間)アメリカ合衆国
平成10年4月(7日間)アメリカ合衆国
平成10年6月(12日間)アメリカ合衆国・カナダ
平成10年7月(6日間)シンガポール
平成10年8月(10日間)中国
平成10年11月(2日間)韓国
平成11年7月(7日間)スウェーデン
平成11年11月(6日間)ドイツ

● 出典

大阪大学歯学部歯科補綴学第一講座業績集編集委員会編・責任者 高島史男・石垣尚一・東和生、『大阪大学歯学部歯科補綴学第一講座業績集(1982-1996)』大阪大学歯学部歯科補綴学第一講座業績集編集委員会発行、1996年

上へ戻る ▲

丸山剛郎 研究業績

● 研究業績

  • 著書(共著を含む):約80冊
  • 論文:約500編

● 歯科専門書

  • 可撤性架工義歯(書林)(1977)
  • 臨床生理咬合(医歯薬出版)(1988)
  • 咬合と全身の健康(医歯薬出版)(2000)

● 分担執筆

  • 黒田拓治・丸山剛郎「ノンパラレルピンテクニック -使い分けと適応症-(Non-parallel Pin Technique)」『カラーアトラス 歯科臨床講座2』医歯薬出版、1982年、393-400頁
  • 宮内修平・丸山剛郎「メタルボンドポーセレンクラウンへの反省(Reconsideration of Porcelain-Fused-to-Metal Restoration)」『カラーアトラス 歯科臨床講座2』医歯薬出版、1982年、401-408頁
  • 中村公雄・丸山剛郎「顎関節症と咬合の異常(TMJ Dyfunction and Occlusal Abnormality)」『顎関節症のすべて』デンタルダイヤモンド社、1982年、243-260頁
  • 多賀義晃・丸山剛郎「ビタ VMK 68ポーセレンを用いた陶材焼付鋳造冠の製作(Construction of Porcelain-Fused-to-Metal Restoration by Vita VMK 68)『講座歯科技工アトラス1』医歯薬出版、1982年、35-60頁
  • 羽賀道夫・井上昌幸・尾花甚一・丸山剛郎「低位咬合に対する処置方針」『歯科補綴診療計画講座15』医歯薬出版、1982年、63-104頁
  • 黒田拓治・丸山剛郎「支持装置の選択基準(Criteria for Selection of Abutment)」『補綴臨床 別冊 ブリッジの臨床』1982年、91-106頁
  • 丸山剛郎「マージンにどうとりくむか -座長のまとめ-」『The Quintessence 別冊 メタル・セラミックを考える』1983年、126-127頁
  • 丸山剛郎「生体と調和した咬合における下顎位はいかにあるべきか」『生体と調和した咬合のために』クインテッセンス出版、1984年、75-99頁
  • 丸山剛郎「下顎位の診断と再現(Diagnoisis and Reproduction of Mandibular Position)」『補綴臨床 別冊 咬合-診断・治療のために』1984年、20-30頁
  • 丸山剛郎「金属焼付ポーセレン加工」『歯科理工学』クインテッセンス出版』1985年、248-259頁
  • 宮内修平・丸山剛郎「シロナソグラフによる咀嚼運動の診査」『補綴臨床 別冊 顎関節症の診断と治療、咬合からのアプローチ』1985年、138-149頁
  • 丸山剛郎「キャスタブル・ガラス・セラミック Dicor の日本における研究」『QDT 別冊 デンタル・ファイン・セラミックスの現況を探る』1986年、151-156頁
  • 下総高次・丸山剛郎「臨床概説(1.診査、診断、診療計画 2.補綴前処置と前準備 12.術後管理・経過観察)」『クラウン・ブリッジ補綴学』医歯薬出版、1986年、47-105頁
  • 宮内修平・丸山剛郎「咬合・顎筋・顎関節についての補綴修復 その1」『デンタル・ダイヤモンド 別冊 臨床のヒント 第5集』1986年、33-36頁
  • 赤西正光・丸山剛郎「咬合・顎筋・顎関節についての補綴修復 その2」『デンタル・ダイヤモンド 別冊 臨床のヒント 第5集』1986年、37-39頁
  • 古谷昌昭・丸山剛郎「咬合・顎筋・顎関節についての補綴修復 その3」『デンタル・ダイヤモンド 別冊 臨床のヒント 第5集』1986年、40-44頁
  • 丸山剛郎「顎関節症の治療 -補綴の立場から-(Treatment of TMD Dysfunction -Prosthodontic Treatment-)」『耳鼻咽喉科診療の手引き 第4集』耳鼻咽喉科臨床学界、1986年、227-230頁
  • 丸山剛郎「補遺 顎関節症の治療 -補綴の立場から-」『耳鼻咽喉科診療の手引き 第4集』耳鼻咽喉科臨床学界、1986年、240-242頁
  • 高島史夫・丸山剛郎「インプラント義歯の力学」『インプラント義歯の基礎と臨床』デンタルダイアモンド社、1988年、116-121頁
  • M.Takuma,S.Tsutsumi,S.Fukunaga,Y.Takamori,S.Harada,F.Kurokawa,F.Takashima and T.Maruyama,"Study on the Functional Bone Adaptation around Dental Implants: Animal Experimention and Stress Analysis",Oral Implantology and Biomaterials,Amsterdam Netherland:Elsevier,1989,pp.251-256
  • 瑞森崇弘・丸山剛郎「顎口腔機能異常の診断と治療」『The Quintessence 別冊 日常臨床の中で顎関節症を考える』1989年、49-59頁
  • 丸山剛郎「臨床生理咬合における顎口腔機能の診断」『エレクトロナソグラフィに基づく咬合診査・診断法 臨床実践咬合診断』メディアネット、1989年、139-148頁
  • 赤西正光・丸山剛郎「接着性コンポジットレジンによる支台築造」『最新接着性コンポジットレジン支台築造』デンタルダイヤモンド社、1989年、116-124頁
  • 赤西正光・丸山剛郎「どんな症例にどんな咬合器」『補綴臨床 別冊 クラウン・ブリッジの臨床』1989年、165-166頁
  • 中村康弘・丸山剛郎・林克哉「咬合面形態の付与をどうするか」『補綴臨床 別冊 ワンポイント・アドバイス クラウン・ブリッジの臨床』1989年、157-160頁
  • 赤西正光・丸山剛郎「筋電図検査(咀嚼筋の)」『歯科臨床検査事典』クインテッセンス出版、1990年、183-185頁
  • 高島史夫・丸山剛郎「咬合音検査」『歯科臨床検査事典』クインテッセンス出版、1990年、281-281頁
  • 大前泰三・丸山剛郎「咬合診断法(咬合器による)」『歯科臨床検査事典』クインテッセンス出版、1990年、282-284頁
  • 宮内修平・丸山剛郎「下顎運動検査(電気的)」『歯科臨床検査事典』クインテッセンス出版、1990年、99-100頁
  • 桑原俊也・丸山剛郎「シロナソグラフ・アナライジング・システムを用いた顎関節症III型の診断と治療」『歯界展望 別冊 顎関節症治療のポイント 50』1990年、133-140頁
  • 桑原俊也・丸山剛郎「病態診断に基づいた顎口腔機能異常のバイトプレーン療法」『スプリント療法』デンタルダイヤモンド社、1991年、121-148頁
  • 奥田眞夫・丸山剛郎「咀嚼運動分析の臨床応用」『顎口腔機能分析の基礎とその応用 -ME機器をいかに臨床に活かすか-』デンタルダイヤモンド社、1991年、318-327頁
  • 桑原俊也・丸山剛郎「咀嚼運動」『顎口腔機能分析の基礎とその応用 -ME機器をいかに臨床に活かすか-』デンタルダイヤモンド社、1991年、66-77頁
  • 中村隆志・丸山剛郎「世界の審美歯科の確立」『The Quintessence 別冊 デンタルエステティック -顔貌を考える-』1992年、66-76頁
  • 奥田眞夫・丸山剛郎「咬合平面と咀嚼運動との関連性(Relation betwieen Occlusal Plane and Chewing Movement)」『歯界展望 別冊 生理的咬合へのアプローチ』1992年、159-164頁
  • 伊藤博子・丸山剛郎「咬合彎曲と咀嚼運動との関連性(Relation of Occlusal Curve and Chewing Movement)」『歯界展望 別冊 生理的咬合へのアプローチ』1992年、165-171頁
  • 中南匡史・丸山剛郎「顎関節症」『検査、検査値、全身疾患 -歯科医のための全身の見方』デンタルダイヤモンド社、1993年、236-241頁
  • 六人部慶彦・中村隆志・丸山剛郎「ラミネートベニア治療の臨床応用」『The Quintessence 別冊 デンタルエステティック パートIII 美の基準とMSKの分類』1994年、98-112頁
  • 丸山剛郎・高島史夫「臨床概説(1.診査および診断 2.治療計画 3.補綴前処置)『クラウン・ブリッジ補綴学(第2版)』医歯薬出版、1995年、15-28頁
  • 中南匡史・丸山剛郎「心因性審美障害の訴えをもつ症例」『さまよえる患者をどう捉えるか』デンタルダイヤモンド社、1995年、152-155頁

● 一般向け著書

かみ合わせと健康 (JDC)(2003)
かみ合わせを正して全身健康 (農文協)(2005)
正しいかみ合わせは脳と体を元気にする (レベル)(2009)
脳が若返るかみ合わせ健康法 頭痛・肩こりからうつ・美容まで (農文協) (2012/03)

上へ戻る ▲

様々な全身の不定愁訴が、かみ合わせを治すことで、その場で軽減・消失も。

私は、かみ合わせ(「咬合」といいます)に関して、大阪大学歯学部を卒業以来、45年間の永きにわたり研究を重ね、臨床経験を蓄積してきました。

これらを通じて、かみ合わせというものが、人間の全身の健康ときわめてかかわりが深いこと、かみ合わせがおいしく食べるということに直接的に関係があることが分かりました。

これらを、「全身健康咬合」と「臨床生理咬合」として“2大丸山咬合理論”を学問的に明らかにし、丸山咬合学を確立してきました。

しっかりとお話を聞き、全身から正しい顎の位置を見つけ出す。

丸山咬合医療では、まずはじめに、患者さまの全身健康調査票から顎のずれが全身の健康にどのような影響を及ぼしているかを診査、診断、全身健康調査票というシートに基づき、全身状況を診断いたします。次に、全身の健康に良い下顎の位置を診査、診断いたします。

その後は、下顎位矯正装置、MPA-マンディブラーポジショニングアプライアンスを製作し、装着し、このMPAは装着後、ほぼ月に一回調整を行います。治療は平均約6ヶ月~12ヶ月で完了します。

かみ合わせの治療を中心に全身の健康を実現する丸山咬合医療センター

【 24時間ご予約留守電 】090-8759-5623

東京
〒104-0061東京都中央区銀座4丁目5-1-301 聖書館ビル
大阪
〒659-0092兵庫県芦屋市大原町11-24-201 ラポルテ北館2階

丸ノ内線:日比谷線:銀座線「銀座駅」/浅草線「東銀座駅」/山手線「有楽町駅」

Copyright © 2016丸山咬合医療センター All Rights Reserved,